1. ホーム
  2. 最新情報
  3. 東京キャンピングカーショー2020 今週末開催!コロナ対策の仕事場になれるかも
  • 東京キャンピングカーショー2020 今週末開催!コロナ対策の仕事場になれるかも #0

東京キャンピングカーショー2020 今週末開催!コロナ対策の仕事場になれるかも

キャンピングカーの新しい使い方に注目!東京キャンパーショー2020実行委員会は、9月19日から21日まで幕張メッセ(千葉市)で、最新の人気キャンパーが一堂に会する展示会「東京キャンパーショー2020 in 幕張メッセ」を開催する。

今回の展示会において、感染拡大防止のために、委員会は分散入場に協力をお願いしています。一般の方は13:00以降の入場をお願いしており、開場前(初日12:00、2日目・3日目10:00)のご来場はご遠慮くださいとのことです。また、QRコードを利用した「千葉市コロナ追跡サービス」の登録をしてから入場することを推奨しています。

日本RV協会のアンケートでは、新型コロナウイルス感染症の流行による非常事態発表後、キャンピングカーの利用方法として「車内でのテレワーク」との回答が多かった。キャンピングカーはサブバッテリーから電源を取ることができるので、ノートパソコンを使う仕事場になります。また、外から隔離されながら移動できるツールなので、感染のリスクを避けながらアウトドアライフを楽しむことができます。

日本RV協会の調査によると、2019年のキャンピングカーバンの総販売額は526億2577万円と過去最高を記録しました。過去10年間の出荷台数も増加している。保有台数も年々増加しており、2019年は11万9400台と過去最高を記録しています。

多様化するライフスタイルに合わせて、毎年様々なキャンピングカーが登場しています。東京キャンピングカーショー2020」では、ソロキャンパーに人気で収納力の高いライトタイプや、大人数での利用が可能なキャブコンタイプ、大型の高級輸入車など、多種多様なキャンピングカーが出展されます。

展示台数は35社・125小間・115台を予定しており、2019年の58社・210小間・181台から大幅に縮小しています。

ソース: jrva-event.com