1. ホーム
  2. 最新情報
  3. アメリカのRVメーカーはオフィスデスク、WiFiなどのオプションを提供、コロナによってデジタルノマド族の急増で
  • アメリカのRVメーカーはオフィスデスク、WiFiなどのオプションを提供、コロナによってデジタルノマド族の急増で #0

アメリカのRVメーカーはオフィスデスク、WiFiなどのオプションを提供、コロナによってデジタルノマド族の急増で

パンデミックとそれに続くリモートワーカーの増加は、多くのアメリカ人に「デジタルノマド」や「どこからでも仕事ができる」ライフスタイルを奨励しています。

多くのキャンピングカー、RV車、トラベルトレーラーメーカーは、このコミュニティの人気の高まりに気付き、既存の製品にアップデートを加えたり、新しいフロアプランを作成したりすることで、潜在的な顧客基盤を開拓しようとしています。

Bowlus Road ChiefやLeisure Travel Vansのような企業は、すでにリモートワークに適したビルドを持っていますが、今後も必要に応じてアップデートを追加していく予定です。ロードトラベルメーカーのWINNEBAGOAirstreamは、全く新しいデザインを作成することで異なるアプローチを取っており、そのうちのいくつかはまもなく発表される予定です。

Bowlus Road Chief 限定リチウム+ 版
Bowlus Road Chief 限定リチウム+ 版

MBO Partnersの調査 (PDF)によると、480万人のアメリカ人が2018年に自分たちを「デジタルノマド」と呼んでいることがわかりました。そして今、パンデミックの影響で米国の労働者の42%がフルタイムで在宅勤務を余儀なくされている、スタンフォード大学のエコノミスト、ニコラス・ブルームのデータによると、この数字は今後も急上昇を続けるかもしれません。

また、パンデミックとそれに続く在宅勤務の動きが、アメリカ人の間でロードトリップの再覚醒を引き起こしたことは、業界の秘密ではありません。ここ数ヶ月の間に、多くのキャンピングカーバンやRVメーカーは、米国でのパンデミックの影響で、関心の高いメッセージや問い合わせ、販売が急増していることを報告しています。

前例のない時期に販売が増加したことは、長期的なリモートワーカーの増加と相まって、デジタルノマドのコミュニティにスポットライトを当てています。そして、この展開がいかに最近のことであるかにもかかわらず、ヨーロッパを拠点とするIndie Campersのようなキャンピングカーレンタルプラットフォームでは、2019年から2020年までのデータを比較すると、7月から9月にかけてキャンピングカーバンの予約を探しているデジタルノマドからのリクエストが66%増加したことを報告しており、その影響はすでに見て取れます。

この記事の関連ビルダー「エアストリームジャパン / Airstream」

エアストリームジャパンは日本で唯一のエアストリーム正規輸入元、総販売代理店です。当社では、ボディサイズやテールランプ等アメリカ標準のままでは日本の車検に適合しない部分を、適合となる日本専用設計でエアストリーム本社へ直接発注することができる正規販売店です。
スポーツ22FB

スポーツ22FB

エアストリームジャパン製・キャンピングトレーラー・就寝4人
1,034万円
スポーツ22FB
インターナショナル ヨーロピアン 534

インターナショナル ヨーロピアン 534

エアストリームジャパン製・キャンピングトレーラー・就寝4人
1,280万円
インターナショナル ヨーロピアン 534