1. ホーム
  2. 最新情報
  3. フォルクスワーゲン、新型「キャディ カリフォルニア 2021」を公開
1 / 5合計5
  • フォルクスワーゲン、新型「キャディ カリフォルニア 2021」を公開 #0
  • フォルクスワーゲン、新型「キャディ カリフォルニア 2021」を公開 #1
  • フォルクスワーゲン、新型「キャディ カリフォルニア 2021」を公開 #2
  • フォルクスワーゲン、新型「キャディ カリフォルニア 2021」を公開 #3
  • フォルクスワーゲン、新型「キャディ カリフォルニア 2021」を公開 #4

フォルクスワーゲン、新型「キャディ カリフォルニア 2021」を公開

2月に発表された第5世代の小型商用車Caddyをベースにしたカリフォルニア(California)は、標準ホイールベースとロングホイールベースの2種類があり、全長はそれぞれ4501mmと4853mm。

いずれにしても、折りたたみ式のベッド(長さ1980mm、幅1070mm)とカップスプリング、マットレスを装備している。ベッドは3分の1の大きさに折りたたんで、トランクスペースの上に収納できる。また、付属品として「エアポール」付きの自立式2人用テントも用意されています。

折りたたみ式のベッド
折りたたみ式のベッド

2列目のシートは、より広い室内空間が必要な場合には取り外すことができ、ベッドの一部ではありません。オプションの1.4m2のパノラミックサンルーフを装備しているので、いつでも室内の景色を楽しむことができます。

1.4m2のパノラミックサンルーフ
1.4m2のパノラミックサンルーフ

眠るときには、すべての窓にカーテンをご用意しています。カーテンはフロントガラスとリアガラス用のマグネットで固定されていますが、フロントガラスとパノラマサンルーフ用のファスナーで固定されています。

リヤサイドウィンドウの代わりに、片側5kgまでの荷物を収納できる収納バッグシステムを採用しています。また、フロントドアのガラスとフレームの間には、換気を助けるためのフライスクリーンが組み込まれています。

しかし、カリフォルニアのオプションのミニキッチンは、ベッドの下にある左側のトランクスペースにヒンジで取り付けられていて、本当に感動しました。テールゲートが開いているときは引き出せて、調理中に雨の心配なく使用できます。

ミニキッチンは2つのパーツに分かれており、シングルコンロのガスコンロは風防と上部に棚が一体化しており、下部にはカトラリートレイと調理器具や食料の収納スペースがあります。

すっきり収納できるミニキッチン
すっきり収納できるミニキッチン

カリフォルニアは、発売当初から55kWと90kWのターボディーゼルエンジンのオプションが用意されており、前輪駆動が標準だが、フォルクスワーゲンの4モーション全輪駆動システムがオプションで用意されています。

この記事の関連ベース車「フォルクスワーゲン キャディー」

この記事の関連ベース車「フォルクスワーゲン キャディー」
フォルクスワーゲン キャディは、フォルクスワーゲングループが1980年から生産しているレジャー・アクティビティ・ビークル(Mセグメント)です。欧州をはじめ、世界各国で販売されている。フォルクスワーゲン キャディは1980年に北米で、1982年に欧州で発売されました。初代と2代目には、ピックアップ(クーペ・ユーティリティ)のバリエーションもありました。2020年4代目のキャディが公開されました。